上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.03 冬の訪れ
京都の朝。

チェックアウトぎりぎりまで部屋にいた私達。

部屋で何をしていたかというと。。。。

まどちんのBIGおだんごヘアスタイル講習会!?

完成形はこんな感じ↓
京都 025

その前にどうなっているかと言うと・・・・


わお。びっくり。

京都 028

ぷぷっ(笑)かわいいよ。



①頭頂部でまとめて、くしを使って逆毛を立てる。

②そのままケープを吹きかける

③ゴムに髪を巻きつけてピンで止める

ほほう。簡単。
ならば私も!!

とやってみることに。

京都 015

真剣です。。でも髪が足りないかも。。。。。



やっぱり(笑)
予感的中。


京都 013

ははは。
小さなお団子になりそうなので止めることにしました。。。


そんなことしていたからチェックアウトの時間に!!


新幹線に乗るまでの時間、あと4時間。

まずはお土産を買いにホテル近くのお店に行くことに。

まどちん御用達
『ギャラリー遊形』 http://kyoto.jr-central.co.jp/kyoto.nsf/spot/sp_yuukei
老舗旅館『俵屋旅館』が花王と共同で作ったオリジナル石鹸を唯一購入できるお店。


『Savon de Tawaraya』
ベルガモット・ローズ・サンダルウッド・ジャスミン・パチュリーラベンダーなど天然のエッセンシャルオイルなど200種類をブレンドして作りあげられたという特別な石鹸。

2年前くらいに、
まどちんからお土産で貰って以来
残り香が気に入って愛用している石鹸です。

しかも1個200円くらいのリーズナブルな価格で購入できます。
友達や代行してくれた人へのお土産にGET!!

そして次に向かったところは
京の台所『錦市場』

CIMG2945.jpg

肉や魚、野菜、豆腐などを扱うお店が約130店舗も連ねているそうです。
全部は見て歩けませんでしたが、
ここでは目的の「うちだ」のお漬物が買えたので、すぐ次の場所へ移動。

ここが本日行きたかったところ『大本山南禅寺』

雨もあがり、日が差してきました!!!
昨夜のライトアップした紅葉も良かったけど、本来の木々の色を見たいから
日が差しているうちに紅葉は見なくちゃね。



南禅寺入り口

CIMG2947.jpg




中に入ると三門が見えてきました。




CIMG2950.jpg




その三門をくぐると・・・・・






わぁ。綺麗!!息を飲みこむ美しさ
ここで長い間立ち止まってしまいました。



CIMG2951.jpg

CIMG2953.jpg
修学旅行生がいっぱい。まどちんのウエア、紅葉に溶け込んでます。





境内の奥にある国宝方丈にも行きました。

方丈庭園の石組みの配置から虎の子渡しの庭といわれているそう。

CIMG2962.jpg

日が差してきた!!シャッターチャンス★

しばし、座って庭園を眺めていました。



さらに奥に入るとこんなに綺麗に色づいたもみじが登場。

CIMG2958.jpg

京都 019


じっくりと紅葉を満喫した私達。





時間がない~!!!

と言いながらも最後に向かった所はここ。


祇園辻利
抹茶パフェ★
京都 020


長蛇の列でしたがギリギリまで並んでみることに。



本当にギリギリになっちゃった。
新幹線出発15分前に食べていました(笑)凄いでしょ。

お陰で、こめかみがキーンとなりました(笑)

勿論完食して


新幹線にはギリギリセーフ!! 
ほっ。


短時間にも関わらず
素敵な京旅行になりました。

最後はスリル満点でしたが・・・




季節の変わり目を


眼で見て(視)感動し

冷たい風を肌(触)で感じて

天然の良い香りに包まれ(嗅)

京料理に舌鼓を打ち(味)

街中の琴や雅楽等の和の音色に冬の訪れを感じる(聴)


このように、五感をフルに使って
京都を楽しむことが出来ました。

また鋭気を養いに来たいと思います。



明日から年末までまっしぐら。
元気に過ごしたいと思いますっ


南禅寺あたりからの写真は殆ど、i phoneのカメラを使ってみました。
思った以上に綺麗に撮れました。
しかし手振れ機能が無いのでかなり真剣↓↓

CIMG2062.jpg

これもi phoneだよ。少しずつ使いこなせるようになってきました。
CIMG2956.jpg  
Secret

TrackBackURL
→http://yasukokato.blog87.fc2.com/tb.php/448-a970309c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。