上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GW中に開催されたフィットネスセッションでは、
私加藤安子もワークショップを担当させていただきました。

連休中にも関わらず、貴重な時間を割いてご参加いただき本当にありがとうございました。
私が想像していた人数を遥かに超え、多くの方にご参加いただき感謝しております。

ご参加頂いた過半数が現場指導されている方々で意識が高く、
これから指導したいという方々も熱心に聞いてくださいました。

今回は介護予防・支援エクササイズ~プログラミングテクニックを磨く~
をテーマに講義と実技をあわせて2時間担当させいただきましたが、いかがだったでしょうか。

単に筋コンディショニングやストレッチ、リズム体操などをつなげるプログラムではなく・・・
『感覚器』に刺激を与える事にフォーカスしたプログラムのご提案でした。

感覚器に関する知識や、なぜ『感覚器』にフォーカスしたか、
そのねらいをお伝えした上でプログラムを紹介。
現場指導でのヒントにしていただけたら幸いです。

それにしても2時間ってあっという間です。。。。
皆さんの頷きや反応などを見ながら進めさせていただきました。
皆様に質問攻めの私でしたが、お答え頂きましたご参加の皆様ありがとうございました。

同じ環境で高齢者の支援をしている方、そしてこれから支援していこうと思っている方と
お会いすることが出来たことが何より嬉しかったです。

そして、終了後に頂いた数々の言葉。
「一度諦めてしまった高齢者の運動指導をもう一度やろうという気持ちになりました」
という言葉に感激した私。

現実・・・高齢者指導をしているインストラクターはまだまだ少なく、
現場指導をして諦めてしまう方も少なくないそうです。

わかります。
マニュアルがないですものね。

私も高齢者の現場指導では試行錯誤の日々です。毎回反省⇒対策⇒行動の繰り返し。
これからも現場での指導をリアルに伝えていけたらと思っております。


フィットネスセッションでワークショップを担当することは私の目標の一つでした。
心より感謝しております。

これからも、至らぬ点を磨いて前進していきますので宜しくお願い致します。

2008年5月5日
加藤 安子 
Secret

TrackBackURL
→http://yasukokato.blog87.fc2.com/tb.php/212-6a944bb8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。